Top >  介護とは >  高齢者のための配慮

高齢者のための配慮

年をとると体力が少しずつ低下するばかりでなく、身体の機能も少しずつ低下して、身体全体の動きも鈍くなっていきます。
そのため、歩きもゆっくりになりますし、多くの動きがゆるやかで細かな動きがとても大変になります。
年配者を介護するご家庭では、家の中からいろいろなリフォームが必要になっていきます。
たとえば、床はなるべくバリアフリーにして、どんな小さな段差でも高齢者にとっては転倒の危険のある場所になりますので、スムーズな床にしましょう。
また、トイレも年配者にとっては大切な場所です。
そのため、トイレも高齢者が使いやすいように工夫することが大切です。
バリアフリーのほか、たとえば、手すりなどを設置するとよいでしょう。年配者はしゃがんだ状態から立ち上がるのが難しいので、手すりがあるだけでもかなり楽になることもあります。
そして、便器については和式よりも洋式の方が年配者にとっては使い勝手がよいので、できれば洋室トイレに変更するとよいでしょう。

 <  前の記事 高齢者に必要な栄養  |  トップページ  |  次の記事 高齢者の使いやすいトイレ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6928

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。