Top >  介護とは >  高齢者の使いやすいトイレ

高齢者の使いやすいトイレ

高齢者にとっては、和式よりも洋式のトイレの方が、使い勝手が良いようです。
また、洋式のトイレからでも立ち上がりにくい場合は補高便座を付けるとよいでしょう。
いまでは電動式の便座昇降機もありますので、必要に応じて導入するとよいでしょう。
さらに細かくいえば、便器もなるべく足下のところがえぐれている方が足に力入れやすく立ち上がりやすいうえ、車椅子の場合でも近づきやすいので、便器を変えるときはそういったタイプのものを選びましょう。
また、年配者の多くの夜間にトイレを何度も行く人が多いので、なるべく夜間でも夜間専用の照明をつけてトイレに行きやすいようにしてあげましょう。
また、トイレのドアも万が一の場合に備えて、外からでもドアのロックが開けられるように工夫した方がよいでしょう。
そして、トアノブもレバーハントルの方が開けやすいので、工夫しましょう。

 <  前の記事 高齢者のための配慮  |  トップページ  |  次の記事 介護がもたらす負担  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6930

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。