Top >  介護とは >  在宅介護のポイント

在宅介護のポイント

がんばりすぎて倒れてしまいますと、介護を必要とする側も介護してくれる人がいなくなってしまいますので、介護者は自分の身体と心をいたわりながら介護を続けることをオススメします。
無理してがんばりすぎるとどこかで崩れてしまうものですので、ほどほどに息抜きをしながら介護を続けていきましょう。
また、多くの人の考えの中に、自宅介護が一番よいという考えを持っていますが、一人で介護に当たるのであれば、自宅介護は必ずしも一番適した方法でもないこともあります。
いまでは年配者を介護してくれる施設がありますので、実際に見学に行ってみたり、相談してみたりすることも一つの方法ではないのでしょうか。
施設の場合は専門のプロが年配者の世話にあたりますし、施設にはほかの年配者もいますので、交流することもできますので、必ずしも施設はよくないと思わないようにしましょう。
在宅で介護する人は、自分の息抜きをする時間を忘れずに、生活にメリハリをつけて介護にあたりましょう。

 <  前の記事 介護がもたらす負担  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6932

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。