Top >  介護関連 >  年配者の心の不安

年配者の心の不安

夜、ぐっすり眠れない高齢者は結構います。
そのような場合は、夕食の後に軽く運動をさせることによって、ほどよい疲れでぐっすり眠れるようになることが多いようです。
また、年配者の心の不安を解消させるためには時間をかけて話し相手になるのもよいでしょう。
年配者の多くは同じ話題を繰り返して話したりしますが、それをじっと聞いてあげることで年配者はある程度の満足感を味わいますので、食事の時や食後に話し相手になりましょう。
また、寝る前に軽く入浴したり、足浴したりすることで血行がよくなって、眠りの質も変わったりします。
そして、年配者でもともと寝つきの悪い人が多いので、夕食の後にお茶やコーヒーなどのカフェインの入っている飲み物は控えるようにさせましょう。
特に寝る前の3時間から5時間前に飲んだ場合、寝つきが悪くなるばかりでなく、夜中に排尿する回数が増える可能性も高くなりますので注意しましょう。

 <  前の記事 年配者の睡眠問題  |  トップページ  |  次の記事 高齢者の歩行サポート  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6921

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。