Top >  介護関連 >  高齢者の歩行サポート

高齢者の歩行サポート

年配者は身体の機能が低下するばかりでなく、体力も低下しますので、身体の動きがなかなか思うようには動かないのです。
程度は人によって違いますが、身体を動かすことが大変と感じるようになる人は多いといわれています。
そして、年配者によっては歩行が少しずつ困難になり、介護を必要となる人もいます。
歩行を補助として、他人の手を借りたり、杖を使ったり、車椅子を使ったりする場合があります。
年配者の身体のコンディションによって介護する方法は違いますが、歩行の介護は意外と難しく、転倒させないように気をつけなければなりません。
そして、年配者の中には関節炎などでひざを痛めて、歩くと痛む場合もあります。
痛みを感じると、どうしても歩くことが億劫になりますね。
また、他人に迷惑をかけるからといって、プライドを保つために他人の手を借りて歩行するのを拒む人もいます。
そのため、なるべく年配者が自分で歩きたいと思わせることも大切です。

 <  前の記事 年配者の心の不安  |  トップページ  |  次の記事 歩行介護をする際のコツ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6922

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。