Top >  介護関連 >  歩行介護をする際のコツ

歩行介護をする際のコツ

歩きたくないのに無理に歩かせることは、介護される側にも介護する側にも大変なストレスになりますので、なるべく本人に歩く意志をわかせるようにしましょう。
人は足から衰えていくといわれているほど、足はとても大切な部位ですし、歩くことで健康を保てることも多いので、なるべく歩けるうちは歩かせるようにしましょう。
たとえば、近くの公園を歩行介護しながら散歩して、大自然に触れさせたり、会話を楽しんだりさせることで歩くことの楽しさを覚えさせるようにするとよいでしょう。
また、歩行介護をする際のコツとしては、なるべくぴったり身体を寄り添った歩き方ではなく、適度に距離を保ちながら支えるようにしましょう。
また、ほぼ平行に歩いた方が転倒しそうになったときでもさっと手助けできます。
また、場合によっては向き合って両手をとって歩かせることもできますので、いろいろ工夫してみましょう。

 <  前の記事 高齢者の歩行サポート  |  トップページ  |  次の記事 在宅介護の心構え  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

介護 ~工夫してストレスをためない~イメージ

カテゴリー

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。