Top >  介護関連読本 >  奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)

奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)

奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)
伊藤 英樹
奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 57065位
おすすめ度:
発売日: 2008-10-28
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)の詳細を見る

奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)は同じような種類の本と是非見比べてみてください。いろいろ見比べても最後にはきっとこの奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)を手に取っていることでしょう。

本に求めている内容は人によって違いますが、奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)にはほとんどの人が求めていることがわかりやすく書かれています。読みやすく見やすいことも奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)の特徴ですね。

もし同じことに興味を持っている人がいたなら、あなたもこの奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)を紹介したくなると思いますね。

奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)は一読の値打ちがありますよ。

何かぐいぐい引き込まれるというか、奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)という作品に地力があるのか、
私は自分で思ってたより、引き込まれてしまいましたね。

まあこの作品には色々な意見がるようなんですが、
私の周囲では奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)っていいよ!って意見が結構多いんです。

でも、何も反応が無いような作品より、こんな風に様々な意見があること自体がこの作品の力なんじゃないかな?と私は思ったりするんです。

地域で誰もが安心して暮らせるために・・・
「共生ケア」「宅老所」「地域で暮らす」という言葉に
ピンと来る方には、きっと何かしらのヒントを得られる本だと思う。

誰もがありのままにその人らしく地域で暮らすということは
理想論ではあるけど、そんなことが今の日本社会で実際にできるのだろうか。。。
きっと多くの人が頭の片隅でそう思ってしまっているくらい大きな壁だと思う。
そんな中で、この本の筆者は、認知症や障がい者の生き難さの現実を前にして、
今の自分にできる最大限のことを、「宅老所」という拠点を通じて、
自分なりに取り組んできたまさに「奇跡」が綴られている。

こんな取り組みが全国に広がったら、もっと日本社会は明るくなるんだろうなと
素直にそう思えた。

奇跡の宅老所「井戸端げんき」物語 (介護ライブラリー)の詳細を見る

 <  前の記事 事例で学ぶ施設サービス計画書のつくりかた―個別性を引き出すアセスメントの実践  |  トップページ  |  次の記事 ■2008年 年間総合8位!2008年 医薬品・コンタクト・介護ジャンル1位受賞!■オプティフリープラス120ml×2本付!★ケア用品付送料無料★ボシュロム / メダリストプラス2箱セット(両目3ヶ月  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/4712

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護 ~工夫してストレスをためない~関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。